病気のリスクを減らせる

肥満治療で重大な病気を防げる

昨今、病院で肥満治療と呼ばれる痩せるための治療を受ける人が増えています。主に肥満治療は、カウンセリングによる食事療法・運動療法・行動療法を中心に行われます。また、食欲を抑える薬、脂肪の吸収を抑える薬などの肥満治療薬なども効果的に活用されています。
このような肥満治療を受ける事で、心筋梗塞や脳卒中などの死を招く恐れがある病気のリスクを下げることができると言われています。その理由は、肥満のまま放置していると、脂質が血液に溜まって糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が引き起こされるからです。こうした生活習慣病が悪化していくと、血管が傷つき脆くなる為にやがて動脈硬化を引き起こしてしまいます。その結果、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へ進んでしまうと言うわけです。ダイエットをする事で生活習慣病の発症を抑えられるので健康を維持する事が可能というわけです。

睡眠時無呼吸症候群も改善できる

肥満治療を受ける事で、現在、日本人に増えている睡眠時無呼吸症候群の発生も抑えられます。そもそも太っていると喉の周りの脂肪で塞がれるので、睡眠時に何度も呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」が起こりやすくなります。睡眠中に呼吸の停止が何回も繰り返されることで、どんどん酸素が減っていきます。すると、その不足した酸素を補おうと身体は心拍数を上げるので、寝ている間に脳や身体には大きな負担がかかってしまうのです。その結果、十分な睡眠が得られなくなるため、仕事中に眠気に襲われたり、集中力を欠いたりしがちになります。また、重症になると高血圧症、脳卒中、狭心症、心筋梗塞などを合併する危険もあることが分かっています。
肥満治療を受ける事で無呼吸症候群が解消されるので、これらの不安が一切なくなるというわけです。

クールスカルプティングとは安全性の高い痩身機器のことを言い、痛みや副作用がほとんどないのが特徴です。

© Copyright Review Of Lifestyle. All Rights Reserved.