食事や運動の指導

まずは食生活の見直しを

肥満とは過剰な脂肪が身体に蓄積した状態の事であり、糖尿病や動脈硬化等を引き起こす一因になっています。よって肥満の解消には体重を減らすのではなく体脂肪を減らす事が重要です。体脂肪は食事療法と運動療法の組み合わせによって効果的に減らす事が出来ます。
食事療法のポイントは摂取するエネルギーをコントロールする事です。消費エネルギーよりも摂取エネルギーを小さくしましょう。その際各栄養素の必要量はきちんと確保する事が大切です。糖質(炭水化物等)・脂質(油類)・タンパク質(肉・魚)・ビタミン類(野菜・果物等)をまんべんなく摂取するように心掛けましょう。極端に食事量を減らしてしまうとリバウンドが起こりやすくなるので注意が必要です。

有酸素運動で体脂肪燃焼

肥満の解消に最も効果的な運動は有酸素運動です。有酸素運動とは酸素を十分に取り込みながら行う負担の軽い運動でウオーキングやジョギング等がそれにあたります。
有酸素運動はゆっくりしたペースで時間を掛けて行う事が重要です。運動を始めて20分以上経ってから脂肪が燃焼し始めます。また息が上がって呼吸が浅くなってしまうと、体内に十分な酸素が取り込めず効果が半減してしまいます。ゆっくりとした会話が出来る程度の負担で20分以上継続して行いましょう。
自分一人では不安という方はパーソナルトレーニングをつける事をお勧めします。トレーナーがその人に合った食事・運動の仕方を指導してくれるので効果的に肥満の解消が出来ます。

© Copyright Review Of Lifestyle. All Rights Reserved.